平成30年12月ふれあい広場「お正月花を生けよう」

講師:清水豊紀先生
お正月花の花材
①枝若松②柳③おたふく南天④デンドロビューム⑤みずひき
生け方の説明を聞いて、皆さん思い思いに楽しそうに花材にはさみを入れていました。
「おたふく南天」の鮮やかさが枝若松の緑に映えてとても綺麗でした。。
会場には 一足早く、お正月が来たようです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お正月花の完成です。

 

平成30年12月のサロン「砂川の流れ」「犬島散歩」のDVD鑑賞

12月5日(水)のサロンは、今年の豪雨災害を出した砂川を、赤磐郡の太田池の源流から百閒川に流れ、児島湾に流れ込んで行く40キロの旅を、ドローンを使った空からの映像を含めた記録。砂川の改修の歴史や何故沼地区が決壊したかなど、昔の資料を基に解説してくれていました。
「犬島散歩」は石の島で栄えた犬島の記録。

「第11回ごふくまつり」に参加

平成30年12月1日(土)第11回のごふくまつりに参加。
晴れて穏やかな日。今年は折り紙でかえるを折り、飛ばして
遊ぶコーナーを新設。折り紙コーナーのアピール不足で少し
淋しかったけれど、輪投げは幅広い年齢層の方の参加でよかった。
旗に風船を付けけっこう賑やかで目立ったように思えた。
風船は、輪投げを楽しんだ小さい子供さんにプレゼント。
来年は折り紙コーナーのアピールの仕方を考えよう。
西大寺中学校の放送部が参加して進行をしてくれた。


 

平成30年11月サロン

星野先生指導のストレチをして体をほぐしました。
今月のサロンは12月に開かれる「ごふくまつり」の準備をしました。
「ペコちゃんあめ」と「折り紙」をセットにして袋詰め。
あとは当日こどもに教えるカエルの折り紙の練習。上手になりました。

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

 

何処までとべるかな?

平成30年10月のふれあい広場「まちなか散歩」

平成30年10月8日(月)西大寺コミュニティ10月のふれあい広場です。
澄みきった青空のもと、OさんMさんの説明を聞きながら、普門院から
観音院までのんびりとまちなか散歩を楽しみました。
普門院ではお忙しい中、副住職さんより色々お話をお聞きすることが
出来ました。松尾芭蕉を偲んで150回忌に建てられた句碑もありました。
「さまざまの事おもひ出す桜かな」
西川沿いの細い道を通り旧天満屋を見ながら観音院に到着。
牛玉所殿から本殿を見学しお土産に五福香をいただいて帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松尾芭蕉の句碑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経蔵

 

 

 

 

 

 

 

 
牛玉所殿

 

 

 

 

 

 

 
パンフレット

 

H30年10月のサロン

10月のサロンは早々ハプニングが発生。
ストレッチの星野先生が来られません。
急きょ、Iさんが先生となりストレッチ体操をしました。いつもと変わらずスムーズに進行しました。
後は手話付きの童謡:カラス・ふるさと・そして体を動かしながら「高原列車」をうたいました。季節を先取りして「もみじ」を輪唱すると、子供の頃の気持ちになりました。
遅れて星野先生が見えられ、再度ストレッチをして少々疲れ気味になりました。
後はお茶会です。大いにおしゃべりをし笑って2時間は過ぎました。
又会いましょうの言葉でお開きです。

Iさんと


 

 

 

 

 

星野先生と

 

 

 

 

 

「あっぱれ!もも太郎体操」体験会

梅雨入りし、小雨の降る悪天候の日「あっぱれ!もも太郎体操」体験会が開かれました。講師は岡山市ふれあい介護予防センターの吉岡さんと藤原さんです。体験会に22名の方が参加されました。はじめに脳を活性させるゲームをし、次に「フレイル(体の黄信号)に気づいて体操をし、元気な体にしよう」とストレッチ体操・筋肉トーニング・口の体操などを教えてもらいました。何気ない運動ですが、結構足に来ていました。平素の生活態度では、いかに運動不足であったかが解りました。後はお茶とお菓子でにぎやかな座談会となりました。

平成30年度4月の広場「向州公園でお花見」

心配した桜は今日の花見のためにとしっかりと咲いていました。公民館でお借りした机、椅子を並べ、芝の広場で手遊びや岡崎 巌氏作成のタケコプターを飛ばすなどして童心に戻り楽しみました。雲行きが怪しくなってきたので会場を公民館ロビーに変えて気分も新に「うた」や「しりとり遊び」「クイズ」等をして遊びました。
ロビーには「軽便鉄道の常設展示」があり、皆なつかしさに話が弾んでいました。
写真提供:原田 松男氏

「犬島の歴史と文化について」在本桂子氏の講演

平成30年2月のふれあい広場は「犬島再発見の会」代表:在本桂子氏をお迎えしました。
講演の内容
◎1万年前の貝塚
◎名前の由来(犬島様について)
◎天満宮について
◎石の嫁ぎ先
◎産業の島・・銅の精錬所・島の会社:石の搬出
◎精錬所跡地がテレビ、映画のロケ地に
◎アートの始まり・・キャンプ場のアート作品・アートプロジェクトの始動・野外劇:維新派
・瀬戸内国際芸術祭の始まり・現在の島の様子

会の終了後 、犬島に行きたい・・との声が多くありました。気候が良くなったら行こう・・。

「元気に生き生きと暮らせるようにするにはどうすればいいのか」

2月のふれあいサロンは岡山市ふれあい介護予防センター・介護福祉士吉岡明恵様のお話でした。
どのような事に気を付けて過ごせば「元気に生き生きと暮らせるか」をお話ししてくださいました。まず「脳のストレッチゲーム」から始まりました。

体力の衰えを緩やかにし元気で過ごすには
①バランスの良い食事をする。かむ力を大きくする口・舌のトレーニングをする。
②元気に動く
③前むきな心ですごす
④社会への貢献や会話をする

口や舌のトレーニングの仕方を教えてくださいました

介護が必要にならないようにするにどうすれば良いか
①歩いて行ける場所があること
②なにか体操をする
③週1回活動をする
ひざ痛予防体操で太ももの前の筋肉を鍛えるストレッチを体験しました。
色々な要素が取り入れられている「あっ晴れ!もも太郎体操」のストレッチ体操をすることが良いそうです。ストレッチ体操をして若々しく過ごしましょう。
手話「ふるさと」も教えてくださいました。歌いながら考えながらすることは脳トレになり、怖い「認知症」の予防に良いそうです。

手話「ふるさと」のひとこま